ダイエットにお茶が役立つ理由はなんででしょう?@お茶に含まれる成分について

ダイエットにお茶が役立つ理由はなんででしょう?@お茶に含まれる成分について

ポリフェノールについて

言葉は何度も聞いたことがありよく知っている名前だけれど、実際にどんな特徴や働きがあるのかはよくわからない、という成分もあるのではないでしょうか。ポリフェノールは、健康や美容にまつわる話題の中でたびたび登場することがありますので、聞いたことがある、名前は知っている、という人は多いでしょう。

このポリフェノールはお茶にも含まれている成分ですが、ポリフェノール自体は数千種類という数で表され、たくさんの種類があります。

そのため、お茶にまつわる内容を詳しく見ていくと、個々の種類の名前で特徴が紹介されていることもあるでしょう。渋味や苦味に影響していて、色素の成分という特徴もあり、健康や美容への効果もさまざまにあります。

ダイエットにはどのような働きが期待できるのか、というポイントと共に、まずは、ポリフェノール全体にまつわる内容からおさえていきましょう。



カテキンもまた、ポリフェノールの一つの種類となりますが、緑茶に含まれている成分としてよく知られていることもありますね。お茶では、ほかにも、ウーロン茶やコーヒーなどに含まれていて、それぞれ挙げられる種類にも特徴があります。

ほかにも、赤ワイン、大豆、りんご、チョコレートの原料として知られるカカオなどにも含まれていて、海藻ポリフェノールと呼ばれるものもありますので、幅広い内容を見てみるのも面白いでしょう。


身近な食べ物に含まれているさまざまな種類を知るきっかけにもなります。ダイエットへの働きでは、
脂肪の吸収をおさえられる、という働きが期待され、吸収されなかった脂肪が体内に出されることも合わせて注目されています。

このような具体的な働きを知っておくと、ダイエットに活用する上でのイメージも膨らむでしょう。

http://腕脱毛安いjp.com/

食物繊維について

ダイエットでは、きちんと栄養のある食事をとることも大切になりますが、さまざまな栄養素と合わせて、食物繊維、というカテゴリもよく挙げられることがあるでしょう。

食物繊維は、いろいろな食べ物に含まれていて、日常の製品の中にも、食物繊維を含む、というキーワードはよく見かけることがありますね。そんな食物繊維は、お茶にも含まれていますので、基本的な特徴と合わせて見ていきましょう。

食物繊維は、野菜、穀物、フルーツ、豆類、海藻など、身近な食材に含まれていて、形も複数のパターンがあります。詳しい種類では、水溶性と不溶性のものに分かれますので、これらの内容も参考にしてみましょう。

漢字で見ると、難しいように思えることもありますが、水に溶けるか溶けないか、という違いの特徴もありますので、わかりやすいところから特徴をおさえていくと良いですね。お茶に含まれている食物繊維では、水溶性がよく見られますので、合わせておさえておきましょう。

ゴボウ茶に含まれているイヌリンも一例ですが、お茶の製品では食物繊維が加えられたものもありますので、原材料を見てみるのも参考になります。難消化デキストリンは、水溶性食物繊維の仲間となりますので、覚えておくと役立つキーワードになるでしょう。

ダイエットに期待できる働きとしては、糖質が吸収されるのをおさえる働きがあり、血糖値の上昇をおさえる効果としても期待されています。また、摂取することで、満腹感につながり、食欲がおさえられることもあるでしょう。

便秘解消への働きも挙げられていますので、ダイエットの妨げになっているトラブルへの効果を自分に合わせて検討してみるのも良いですね。


カフェインについて

カフェインという成分は多くの人がその効果を知っていることもあるかもしれませんね。身近な成分の一つとなり、日常の中でその効果が活用されることもよく見られます。コーヒーとカフェインの関係はよく知られている事柄でもあるでしょう。

カフェインは、そのほかの種類のお茶にも含まれていますので、ダイエットとの関係と合わせて、含まれている身近なお茶にも視野を広げながら、活用のコツを見つけてみましょう。



コーヒーのほかには、緑茶や紅茶にも含まれていますが、それぞれ含有量は変わってきます。グラフなどもありますので、含まれている量が気になる時には、比較情報も参考にしてみましょう。

カフェインは、専門的な分野では、窒素を含む植物性などの天然由来の化合物であるアルカロイドの一種である、という見方をすることができます。


具体的なカフェインの働きについては、メリットもあればデメリットもありますので、ダイエットへの効果だけでなく、幅広い情報を知っておくと役立つでしょう。眠い時に利用する場合もよく見られますが、脳を目覚めさせる働きや、作業能力のアップなどの働きで注目されることがあります。

ほかにも、気分転換や疲労感の回復の面でメリットにつながる働きも期待できるでしょう。加えて、運動能力を向上させる、というポイントもありますが、ダイエットでは、体脂肪の燃焼を促進させる働きも期待され、運動前にカフェインを摂取すると、脂肪を燃やすのに効果的と言われることもあります。

利尿作用もありますので、むくみが気になる時にも役立つことがあるでしょう。ですが、摂り過ぎは、眠りの妨げや、逆にむくみを引き起こしたり、胃への負担になったり、体内カルシウムの減少につながったりする場合もありますので、注意も必要です。

お茶を飲む時には、カフェインの摂り過ぎにも気を付けてバランスよく取り入れていくと良いですね。

http://www.cliniceffect.com/

ホーム RSS購読 サイトマップ